スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPad Air 買いました

P1010247

iPad Air買いました

薄く軽くなってより使いやすくなりました

この10年、20年でネット環境はとんでもなく進化したなあと思います

20年前はネット環境はなくすべてが未知の世界

だれか知っている人に教えてもらうしかありませんでした

でも今はMOOKと呼ばれるオンライン教育まで発達し、自宅にいながら海外の著名な人の講義が無料で受けられるような時代になってしまいました

本当にすごいと思います

ただいままで知らなかったことがどんどんオープンになってきて競争が激化している気がします

これから10年先はどうなっていることやら

昔コンポラキッドというアニメで8歳の子供が先生となり大人に勉強を教えるという話がありましたが、ありえないこともないかもと思うようになりました

将棋とか特定の分野なら今でもありえそうだし…

スポンサーサイト

近況

いろいろ忙しくてブログお休みしていました


すいません


引っ越しで忙しかったのです


引っ越ししたのは上の階の騒音が理由です


この1年間不定期に上階の深夜の作業音に悩まされ管理会社に相談したり


耳栓やイヤーマフ、環境音楽等対策をしてきましたが限界となり


証拠を集めて裁判か引っ越すしか解決できない状態となっていました


裁判も調べると証拠集めに時間がかかるし勝っても騒音が解決するとは限らないらしいので


引っ越ししました


もともと更新の月も近く前の部屋より便利な場所に引っ越しできたのでよかったと


前向きな気持ちで新生活をスタートしたいと思います


もう少しでブログ再開できると思います


以上、近況でした

日記:PASMOが壊れました!

首都圏では使われている人も多いと思います。↓

DSC05269

私も電車やバスに使っていますが、そのPASMOがある日突然壊れました!

改札を通る際にタッチしても無反応。読み取り不能となりました。

それまでは特に問題なくスマートにチャージや改札を通れていただけに焦りました。

仕方なく駅員さんの所へ行ったらPASMO自体が壊れていますね、と言われました。

最寄の駅かバス営業所に行って再発行の手続きをしてくださいとのこと。

使えなくては不便なのでそのまま近くの駅へ。

事情を説明したところ「障害再発行」という手続きをしてくれて翌日以降14日以内に受け取りに来て下さいと言われました。

その場で即日発行とはいかないらしいです。

「障害再発行」の整理票を頂きました。

なので新しいカードができない期間に電車に乗る際にはその「障害再発行」という紙と定期券内容が印刷された面を駅員さんに見せて乗るようになるらしいです。

同様にバスに乗る際には「障害再発行」という紙と「IC定期券控」を乗務員さんに見せて乗るようになるみたいです。

そういうことが書かれた整理票を私は十分に読んでいなかった為に普段なら駅からバスで帰るところを徒歩で帰ってしまいましたが。

そして翌日手続きをしてもらった駅へ行くと新しいカードを頂けました。

その際の手数料・再発行料はかかりません。

また今までのカードに入っていたデータもそのまま新しいカードに移行したとのことです。

チャージした残高もそのまま、バスの定期券の内容もそのまま残りました!

最後にこういったことになった原因ですがカードの破損など目立った損傷ははないものは「不明」になるようですが、少し調べてみるとPASMOというカードにはソニーが開発したFeliCa(非接触型独自仕様ICカード)が使われていて、それが故障の原因ではないかと思われているみたいです。

珍しく長々と書いてしまいましたが、誰にでも(カードを持っている人なら)起こりうることなのでそういう時いお役にたてればと思い書き留めました。

ケータイをドコモXi ARROWS X LTE F-05Dに機種変更しました

DSC04977

いろいろ検討した結果、ケータイをARROWS X LTE F-05Dに機種変更しました

Xiです

このスマートフォンだとWifiテザリングができるし、キャンペーン中でFOMAの通信料フラットより安いしメリットが多いと思ったからです

これによりこれまで使用していたモバイルwifiルーターは実家に引き渡し、実家のADSLは廃止することにしました

パケット通信料はまだまだ高いけれど、競争が激しいのでしばらくすれば通信料も下がっていくだろうと思っています

ちょっとF-05Dを使ってみた感想ですが、すごく便利です

いままでEvernoteやOnenote, DropBoxといったクラウドサービスの良さがわからなかったのですが、スマートフォンの性能や通信速度の向上によってメリットがでてくると感じました

ブログの作成でいえば、スマートフォンで写真を撮ってEvernote等に保存することでブログの記事作成が楽になりました

 

モバイルWi-Fiルーター BF-01B 故障 修理

この1週間Wi-Fiルーター BF-01Bが故障して修理に出していたので、ネットが家で使えない状態でブログが更新できませんでした

いつも予約投稿なのですが、その記事もなくなってしまいました

このところいろいろ忙しく記事のネタは貯まっているのですが、なかなか記事を書く時間がとれません

そのうえルーターが故障してネットが使えなかったので非常に不便な思いをしました

このところネットがつながりにくかったのでスマホの通信量が増えたためかなあと思っていたのですが、修理したらつながりやすくなったのでルーターのせいでした

症状としては、wirelessが赤くずっと点灯しiPadやパソコンで認識できなくなりました

最初は設定の間違いかと思い何度もリセットしてやり直したのですが、復活せず、ネットで同じような症状がでている事例を確認したので、ドコモショップに持っていきました

ドコモショップでも動作確認し、接続できなかったので修理となりました 原因究明やらなんやらでかなり時間を浪費してしまいました 悲しいです

1年の保障期間は過ぎていましたが無償修理でした 故障は原因は基板ということで基板交換(新品?)していただきました

でも…BF-01Cが長らく延期になりましたが、設計上の不具合の可能性はないんですかねえ

もし、この記事を同じような症状でアクセスしてくる人が多ければドコモでアナウンスしていただきたいです

そうしないとユーザーが自分の問題だと思い時間を浪費します

Wi-Fiルーター もXiでテザリングすればもう必要ないかなあと思っていて切り替えのタイミングを見計らっている状況です

でも、スマホにいろいろ機能を詰め込んでしまうと、故障したり、なくしたりするとリスクが大きすぎるので心配です

ザ・ノンフィクション600回記念『老人と放射能 ~FUKUSHIMA~』 第2章

私はノンフィクション番組が好きです

今回600回記念にふさわしい名作だったのでメモしておきます

あらすじはフジテレビのものを引用します

犬が大好きなえーちゃんは、川本さんの飼っている愛犬シマが避難生活で死んでしまうと号泣していました

川本さんが避難しても、シマはその場所から離れようとしなかったからです

でも、しばらくして川本さんは汚れやつれたシマと再会し、お風呂に入れてあげるのでした

よかった 私も感動です

犬は本当に忠誠心の強い動物なんだなあと思いました

今日ばかりはうさぎではなく、犬を飼いたくなりましたよ

川本さんは愛犬シマを連れて避難生活を続けているようです

ただ、浪江町はいまでも、帰宅できない地域でしょうから、今後のことも心配になります

第三章の放送を望みます

 

ザ・ノンフィクション600回記念『老人と放射能 ~FUKUSHIMA~』 第2章福島浪江町に住む川本さん(80)と犬のシマ
福島浪江町に住む川本さん(80)と犬のシマ

あらすじ

東日本大震災による福島第1原子力発電所の事故により、放射能汚染され、全町避難になった福島県浪江町。震災が発生する前、その山里に一人の老人と一匹の老犬が寄りそって暮らしていた。川本年邦さん、80歳。
田舎暮らしにあこがれ、12年前に東京から移住してきた。震災前まで彼は水は山から引き、煮炊きは山から拾ってきたまきを使い、自給自足の生活を送っていた。そんな川本さんの信条は、宮沢賢治の詩「雨ニモマケズ」。20代のころから、毎年地元の小学校に本を寄付し、昔懐かしい映画や幻灯を上映し、子供たちを楽しませ続けてきた。
川本さんは「人に尽くさなければ、生きている価値はない」と、断言する。そんな善良な川本さんに次々と困難が襲いかかる…。
熱心に子供たちのための活動を続ける川本さん。しかし、家族からは理解されず、とうとう家族とほぼ絶縁状態になってしまう。
そんな川本さんをさらなる悲劇が襲う。川本さんは、子供たちや老人を楽しませる活動のために20年間コツコツ老後の資金をためてきた。しかし、福島へ移住後、その大切なお金は、詐欺師によって全額だまし取られてしまうのだ!!
一文無しになった川本さんに残されたのは、浪江町の山里だけ。しかし、その土地も放射能によって奪われてしまう。引き算だらけの人生…。しかし、どんな過酷な状況に置かれても、川本さんは人のために尽くすことをやめない。人は何があれば幸せなのか? 豊かな人生とは何か? その答えは、一人の老人の生き方から見えてくる…。

川本年邦さん(80歳)
川本年邦さん(80歳)

幻灯機を使っての読み聞かせ
幻灯機を使っての読み聞かせ

子ども達に見せる幻灯のフィルム
子ども達に見せる幻灯のフィルム

現在仮設住宅で暮らす川本さん。愛犬シマと幸せに暮らせる日は来るのだろうか?
現在仮設住宅で暮らす川本さん。
愛犬シマと幸せに暮らせる日は来るのだろうか?

(c)Fuji Television Network

プロフィール

うさみさん

Author:うさみさん
読書(漫画、雑学)、絵描き、散歩、食べ歩き、ケーキ、コーヒー好き

えーちゃん: 美術館(印象派)、読書(小説)、映画、散歩、ケーキ、紅茶好き

次の日ケロリ時計

ブログ内検索
ブログ記事写真
カテゴリー
最近のコメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

PR
リンク
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
最新記事
PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。