スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウサギ神社で有名な岡崎神社

京都市左京区岡崎東天王町51番地

京都にウサギ神社として有名な岡崎神社があるそうです

場所を調べてみると、うさみさんの兄弟であるうさみさん2号が住んでいる近くではないですかっ!

さっそくうさみさん2号に連絡をとって、写真を撮ってきてもらいました

噂通り、うさぎがいっぱいですね

今年はウサギ年だけあって、年始はものすごい人だったようです

今度うさみさん2号のところへ遊びに行くときには、実際に岡崎神社によりたいと思います

5359397299_609576b183_o5359325333_8d287f46af_o5359321545_2c5c3cb63c_o5359333641_0931338691_o5359334807_2927c6a1a1_o5359341033_95a9361756_o5359342195_f1b82cba1d_o5359349273_e1da175b22_o5359352281_21400be55d_o5359376459_44dd17b393_o5359966304_bc02547efd_o5359978758_a48ac03ae4_o

関連記事
スポンサーサイト

旬菜物語 小町

茨城県水戸市姫子2-686-3
居酒屋さんぽいのですが、ランチはすごくよかったです

客室は個室でプライバシーに配慮されて雰囲気もよかったですし、値段も安くてボリュームが多いです

DSC02938DSC02939DSC02940DSC02941DSC02942DSC02943DSC02945DSC02946

関連記事

レフィーユブティック 赤塚店

茨城県水戸市河和田1-10
「cafe 清ら」に行く途中に寄りました

このときはオープン直後ですごく混んでいました

レフィーユのパンはおいしいですね

うっふプリンはやわらかい味でした

DSC02935DSC02932DSC02950

関連記事

美の巨人たち ルノワール作『ムーラン・ド・ラ・ギャレット』

ブログは記事のネタがかなり貯まっている状態なのですが、なかなか書く時間がないので、たまにまとめてupします 3月には新婚旅行にもいくので、4月くらいからまたがんばろうと思っています

とりあえず、この間見た、テレビの感想です

私にとってルノアールといえば、『ムーラン・ド・ラ・ギャレット』が思い浮かびます

幸せそうなダンスパーティーの風景

私はてっきり、はなやかなパリの絵なんだろうと思っていました

それが当時社会の底辺で生きる人々の吹き溜まりのようなモンマルトルという場所だったそうです

ルノワールは、「絵とは楽しく、きれいなものでなければならない」と庶民の日常に、崇高な美を見出していったそうです

それゆえ、この絵は現実の風景や人々を描いているものの、写生ではなく、綿密に構成された絵だそうです

なるほど、すばらしいなあと思いました

ルノアールに詳しい方なら常識だったのかもしれませんが、解説を必要とせず、見たものがただただ美しいと思える絵は、私も共感を覚えます

それと、ルノアールの絵は過度に美化された絵ではなく、自然さが感じられるところもいいなあと思います

私もこのくらい絵の才能があったらいいのになあ

私も魅力度最下位の茨城に行ってみたいと思えるような美しい絵を描いてみたいです

関連記事

bunkamura「モネとジヴェルニーの画家たち」

展覧会概要

印象派の画家クロード・モネは、1883年、42歳の頃より、パリから約80キロほど北西に位置するセーヌ川沿いの小村ジヴェルニーに住み、近隣の風景を描いて名声を得てゆきました。当時のジヴェルニーは、300人ほどが暮らす典型的なフランスの農村でしたが、セーヌ川とその流れが生み出した丘陵とが四季それぞれに穏やかな光景を展開させていました。この村はもちろんモネが描いた睡蓮、積みわら、ポプラ並木などの作品によって世界に広く知られることとなったのですが、モネの友人であるボナールのみならず、1915年頃までには、日本の児島虎次郎をはじめ、19カ国を超す、300人以上もの芸術家がここを訪れています。
格別、印象派の作品を早くから受け入れていたアメリカの画家たちは訪問者の70%をしめていたばかりか、ここに住んで制作した画家の数も多いときには50人を超すほどで、ここはさながらアーティストのコロニーの観を呈していたのです。アーティストの共同体には夢があります。それは、互いに分かち合える共通の価値をそこから汲み上げながら、この普遍性のなかに各自の個性を確立するという芸術の理想の夢なのです。
今回の展覧会では、モネの作品を初め、彼の義理の娘ブランシュの作品、そしてこの芸術家村で制作したことでアメリカの印象派を形成するにいたる多くのアメリカ人画家の作品に焦点をあてつつ、ひとつの理想郷ではぐくまれた、風景と人々の生活の姿をテラ・アメリカ美術基金の全面的な協力のもと、約75点で示します。
http://www.bunkamura.co.jp/museum/lineup/10_monet/index.html

積みわらはやっぱりよかった

積みわらを見ていると暖かい気持ちになってきますね

この展覧会ではいろいろな画家の積みわらが並べて展示してあって面白かったです

えーちゃんは、画家の内面・精神を表現した絵画が好きなのですが、ジヴェルニーの絵も単純ながら自然の造形美が感じられていいと言っていました

DSC03111DSC03112DSC03134DSC03135DSC03133

関連記事

L'OCCITANE Cafe 渋谷店 (ロクシタンカフェ 渋谷店)

東京都渋谷区道玄坂2-3-1 渋谷駅前ビル2-3階


グラタンスープセット1500円をいただきました

えーちゃんが大好きなロクシタン

フランスの化粧品、雑貨等を販売している会社で世界展開しています

ロクシタンのカフェは渋谷だけなのかな 渋谷駅のすぐ目の前くらいにあり、1階は商品が販売されています

男性にはちょっと入りずらいカフェだと思いましたが、私たちが入ったときには男性サラリーマンが打ち合わせでいるところを見ました

ランチは軽食でちょっと物足りない気もしましたが、デザートで頼んだクレームブリュレはおいしかったです カフェだけあってデザートが充実していますね

DSC03128DSC03129DSC03130DSC03131

関連記事

プロフィール

うさみさん

Author:うさみさん
読書(漫画、雑学)、絵描き、散歩、食べ歩き、ケーキ、コーヒー好き

えーちゃん: 美術館(印象派)、読書(小説)、映画、散歩、ケーキ、紅茶好き

次の日ケロリ時計

ブログ内検索
ブログ記事写真
カテゴリー
最近のコメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

PR
リンク
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
最新記事
PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。