スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パン:ドンク 冷やしてメロン(プレーン)

DSC03896

少し暑さが落ち着きましたがまだまだ暑い日々ですね。パンが大好きで茨城にいた時も色々なパン屋さんを見て回りました。でもこう暑い日が続くとあまりパンを食べたいとは思えなくなります。

でもそんなときにふとテレビを見ると「冷たいパン」というものが紹介されていました。しかも期間限定!興味があってお店の名前をメモしました。

頭の片隅にあったものの少し忘れていたころ紹介されていたお店を横浜駅のそごうの中でみつけました!

ドンクというお店はつくばにもあったので知っていたのですがつくばを離れてからはあまり食べる機会がないままでした。ちょっと見てみると神戸が本店で創業が1905年と割と老舗なお店でした。ミニクロワッサンが有名らしいです。ハード系のパンから菓子パンまで多く販売しておりどれもおいしそうです

目移りしつつも目的の冷やしてメロンを購入。プレーンと抹茶、イチゴ味がありました。写真ではプレーンですが抹茶も購入しました。

お味は・・・

冷たくてもメロンパン自体の味は普通のものを変わらないです。こちらのメロンパンは生地がクッキーのようです。冷やしすぎたせいか中のクリームはちょっと硬くなってしまいました。でも甘くておいしいです。クリームがもうちょっと入っていればなぁと思いましたが。抹茶味も苦味がなく甘い味でした。うさみさんは気に入った様子でおいしい、おいしいと言って食べていました。アイスが好きな人は気に入るかもしれません

ドンクにはその他にもおいしそうなパンがたくさんあり、涼しくなった秋ごろにカフェを併設している店舗に行きたいなぁと思いました

関連記事
スポンサーサイト

ずぼらな青木さんの冷えとり毎日 青木美詠子


8月ですが冷えとりの本を紹介します。私はかなりの冷え症で寒くなってくると冷えからくると思われる肩こりや首こり、時には頭痛などにも悩まされます。ですので冷えを直したい!といつも思っていて本屋さんやインターネットで冷えとりのことを探していたところ、この本に出会いました。

タイトルに「ずぼらな」とあるのでおもしろそうなだぁというのが第一印象。中をめくってみると冷えとり対策がいろいろ挙げられていました。長時間の半身浴や体を温める根菜類を取ったほうがいい、とか。。。すでに知っていて実践しているものもありましたが新たな発見が!それは靴下の重ね履き

今では冷え症もメジャーな話題になっているので知っている人も多いと思います。天然素材の靴下を重ねてはいていくことで足先から暖かくなり、体に今までため込んでいた余計なものが出ていくとのこと。足は第2の心臓とも言われているので足を温めると循環が良くなるかなぁと思い私もやってみました。

効果は・・・本にも書いてあるように足先を温めるとなんだか安心するということを実感しました。すぐに冷えがなくなるということはありませんが重ね履きを毎日しているともう1枚という前の状態には戻れません。今は真夏ですがやっぱり重ね履きしていて、でも全く不快ではありません。はっきりとは言葉にできないけれどなんだかいいなぁという思いでこれからも続けていこうと思います。そして今年の冬は肩こりなどに悩まされないようにしたいと思います。

☆天然素材の靴下を見つけることはなかなか難しかったです。わたしは主にネット販売している「シルクファミリー」というところで買っています。他のお店のものも試しましたが価格が比較的安いので重宝しています

関連記事

川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアムオープン記念イベント

たまたま川崎駅の地下街アゼリアを通ったら川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアムオープン記念イベントがやっていました

このイベントではミュージアムのパンフレットの配布とうちわを配っていて、いただけてラッキーでした

9月3日開館予定ですが、予約制なので、しばらくチケットはとれそうにないかもしれないと思っています

でも、川崎市にできるということでいつかいってみたいとは思っています

DSC03872DSC03873

関連記事

おやつ:蒜山ジャージーシュークリーム

DSC03893

またまた岡山・蒜山ジャージー牛関連のお菓子です。これは一つ約250円くらい。前から食べてみたいなぁと思いやっと買いました。

味は・・・

思ったよりもシュークリームの生地がかたくて食べごたえがありました。中のクリームは二層になっていてとても口当たりが柔らかくおいしいのですがちょっと少ないかなぁ。。。個人的にはシュークリームの皮はやわらかいほうが良いのでこれは一度食べれば十分かなぁと思いました。

これに懲りずにいろいろなお菓子を見つけていきたい!と思います

関連記事

カフェ:ブレッツ カフェ クレープリー ラゾーナ川崎内

DSC03871

 

DSC03870

神奈川県川崎市幸区堀川町72-1 ラゾーナ川崎プラザ 2階

こちらはラゾーナ川崎にお出かけした際にお昼を頂いたお店です。他のお店に行きたかったのですがどこも人でいっぱいであったために待たなくて食べれそう、ということで選びました。

ちょっと奥まったところにあるのでわかりづらいです。ガレットがメインというお店です(というかランチはガレットしかありませんでした)

ガレット専門店であるためか何種類ものガレットがメニューには載っていました。ガレットの名前だけ見てもどういうものか想像できませんが何が使われているかが一つ一つのメニューの下に細かく書かれています。これを参考に私たちも選びました。ガレットとドリンクが付いて約1500円程度でしょうか。店内は女性店員さんが多く時々フランスが飛び交います。

ガレットのお味は?

そば粉が原料だけあって甘くないですね、当然。油っこくもなくヘルシーだと思いました。ガレットの中にある具はいろいろ入っていましたがチーズとハムが印象に残っています。焼き立てで暖かいうちに食べられます。大きいお皿いっぱいに乗っているため女性はかなりお腹いっぱいになると思います。油っぽいものが好きなうさみさんはちょっと物足りなさそうでした。

体によさそうなものが好きな私としてはその意味でいいのですがコストがやや高いと感じることとそば粉のクレープを食べるならおそばを食べたいなぁと思いました。大人になって初めてガレットというものを知ったためにあまりなじみがないからまた食べたいとはあまり思えませんでした。でもここは他にも何種類ものクレープがあるのでそちらのほうは興味があります。

いつかはここのクレープを!と意気込んでいる私です





関連ランキング:フレンチ | 川崎駅京急川崎駅


関連記事

文房具:ミッフィー

DSC03876

ミッフィが好きです。世界中に多くのミッフィ好きの人がいるとは思いますが私もその一人です。

ある本の中でミッフィの描き方のことを「単純に美しい」と言っている人がいます。私もミッフィの絵は単純だなぁと思います。ごてごてと装飾していない、不要なものがないなぁという意味で。でもって小さい子供にも描けそうとも。描きやすさということはわかりやすいということとつながるところがあると思います。構図がわかりやすいから描ける。またわかりやすさということはとても大事だと思います。

唐突ですが私は西洋画が好きで年に何回か展覧会に行くのですが、西洋画の中でも印象派が特に好きです。ここまで書いてみてそれはこの分かりやすさとつながっている部分もあるように思います。西洋画にもいろいろあってピカソなどが有名なキュビズムは何が描かれているのかわからず難解だなと思うのですが、印象派の絵はそこに何が描かれているのかがパッと見てわかるのです。わかりやすいというだけで好きにはなりませんがその絵との距離感は(そこに多くの時間が流れていようと)縮むように思います。とするとそこからより詳しくその絵を見たい、とも思うしその絵を描いた画家のことも知りたくなるかもしれない。最初に見た印象派の絵がわかりやすかったために絵というものに興味を持ちそこから派生して西洋画というものも私は知るようになりました。最初の絵が「わかりやすく」なかったらそうはならなかったかもしれません。わかりやすさ、ということはきっかけを作るということでしょうか。

話を元に戻してミッフィですが文房具にミッフィがあると何か楽しくなります。日ごろ使うボールペンやメモ帳、雑記帳などちょっとしたところにミッフィがいることで心が和みます。うれしいです。わかりやすくかわいいミッフィグッズをこれからも増やしていきたいなぁと思います

関連記事

プロフィール

うさみさん

Author:うさみさん
読書(漫画、雑学)、絵描き、散歩、食べ歩き、ケーキ、コーヒー好き

えーちゃん: 美術館(印象派)、読書(小説)、映画、散歩、ケーキ、紅茶好き

次の日ケロリ時計

ブログ内検索
ブログ記事写真
カテゴリー
最近のコメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

PR
リンク
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
最新記事
PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。