スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

献血

献血について

献血915回「想像絶する」、69歳に感謝状(7月15日11時51分配信 読売新聞)
長野県内で最も多く献血した長野市西尾張部の自営業松川孝一さん(69)に14日、県赤十字血液センター(長野市南県町)から感謝状が贈られた。
18日で70歳になり、年齢制限で献血ができなくなる松川さん。14日に行った915回目の献血が最後の献血となった。
松川さんは会社員だった1972年、「仕事などで何をやってもうまくいかず、初めてこのセンターに足を運んだ」という。以来38年、仕事の合間をぬって、月2回の献血を欠かさず続けてきた。これまで献血した量は「13体分くらい」(松川さん)。「誰かの役に立っているという使命感で何とかやってきた」と話す。

kenketsu
私は学生時代、自分が社会から必要とされているのか実感できず、献血を何度もやっていました
献血をすると確実に誰かの役に立っているんだという気持ちになれたのです
しかし、献血を100回以上やっていると血管が堅くなるのかよく失敗して痛みが走ることが多くなり、最近はほとんどしなくなりました
915回とは本当に想像を絶します
すごすぎです
継続する力ってすごいんですね
私がブログをやっている理由も継続の力を活かしたいからです
とりたてて大したことのない情報も数が貯まれば価値がでるのではと思って書いています
ブログサービスが始まってまだ10年も経ってないんじゃないでしょうか
10年続けられるかわかりませんが、10年くらいを目標にがんばっていこうと思います
関連記事

プロフィール

うさみさん

Author:うさみさん
読書(漫画、雑学)、絵描き、散歩、食べ歩き、ケーキ、コーヒー好き

えーちゃん: 美術館(印象派)、読書(小説)、映画、散歩、ケーキ、紅茶好き

次の日ケロリ時計

ブログ内検索
ブログ記事写真
カテゴリー
最近のコメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

PR
リンク
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
最新記事
PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。