スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画:「風立ちぬ」 宮崎駿監督作品

前から見たい!と思っていたジブリ作品をやっと見に行けました。

ジブリ最新作作品「風立ちぬ」です。感想を一言でいうと期待値が高かった分ちょっと消化不良でした

堀辰夫の「風立ちぬ」という作品と零戦の設計者堀越二郎の半生を織り交ぜた内容になっています。

まず違和感があったのがどうして堀越二郎の半生を描くのに小説・「風立ちぬ」をもってきたのかということです。確かに同じ時期に活躍した人たちではありますが、それぞれの人物に敬意を持っているのならば別々に扱うほうがいいんじゃないかな~と思いました。

実際に小説のほうの「風立ちぬ」を読んでいたのでそこに描かれる主人公を知ってしまったから違和感があるのかもしれませんが。悲劇的な恋愛的要素を取り入れたかったからなんでしょうか。

また背景は戦時中となっていて生きるのがつらい時代だったと伝えていますが主人公もヒロインにもそれほど戦争の影は感じられません。

ヒロインはは結核に侵されているからなんでしょうが、主人公にしても恵まれた家庭環境に生まれ、職場では上司や仲間にも恵まれている。住まいや来ている服なども立派に描かれていました。

美しい飛行機を作りたい!という主人公の願いと実際には戦争での武器として使われてしまった現実との間に矛盾はなかったのか?

同様に零戦は一機も帰ってこなかった現実と零戦の設計者である自分が生き残っているそれとに罪悪感は感じなかったのか?

でもそういう点を飛躍して物語は悲劇的恋愛要素を織り込みながら終わりました。

なので、この作品で「生きねば」というメッセージを受け取ることは難しかったです。

宮崎駿監督の飛行機への情熱は十分に感じられましたが。

最後にこの映画で良かった点は効果的な音楽と美しい背景描写、主人公とヒロインの恋愛模様でした。

たいていの人が泣いたのはこの恋愛に関してかな~と思われます。病に侵された女性との別れを常に予感させる描き方は心に残りました。

全体を通して辛口になりましたが気になっていたので見れてよかったです。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うさみさん

Author:うさみさん
読書(漫画、雑学)、絵描き、散歩、食べ歩き、ケーキ、コーヒー好き

えーちゃん: 美術館(印象派)、読書(小説)、映画、散歩、ケーキ、紅茶好き

次の日ケロリ時計

ブログ内検索
ブログ記事写真
カテゴリー
最近のコメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

PR
リンク
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
最新記事
PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。