スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画:そして父になる 是枝裕和監督作品

現在公開中の是枝裕和監督の「そして父になる」を見てきました。

この監督の作品は好きで結構映画館なりDVDなりで見ています。

 

是枝裕和監督が福山雅治を主演に迎え、息子が出生時に病院で取り違えられた別の子どもだったことを知らされた父親が抱く苦悩や葛藤を描いたドラマ。大手建設会社に勤務し、都心の高級マンションで妻と息子と暮らす野々宮良多は、人生の勝ち組で誰もがうらやむエリート街道を歩んできた。そんなある日、病院からの電話で、6歳になる息子が出生時に取り違えられた他人の子どもだと判明する。妻のみどりや取り違えの起こった相手方の斎木夫妻は、それぞれ育てた子どもを手放すことに苦しむが、どうせなら早い方がいいという良多の意見で、互いの子どもを“交換”することになるが……。2013年・第66回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され、審査員を受賞した。良多を演じる福山は自身初の父親役。妻みどりに尾野真千子、斎木夫妻にリリー・フランキー、真木よう子が扮する(映画.comHP引用)

この映画の主題は「家族とは血のつながりか過ごした時間によるものか」というものです。家族の在り方に疑問を投げかける作品となっています。

どちらが正解かということはわかりませんしこのような事態に陥った時の(自分の子供の取り違え)当事者の選択は多様だと思います。

ただこの映画を見て思ったのは血縁のつながりよりも過ごした時間の長さや密度が勝ることもあるということです。そして取り違えられた子供が大きくなった時に真実を知る際に「家族」として過ごした時間の中にある愛情を感じられたり信じられればその辛い真実を乗り越えられるような気がします。

またこのような重く普遍性を備えたテーマを含んだ作品ではありますが出てくる子供たちの笑顔や柔らかな表情も魅力的です。この作品に限らず是枝監督が撮る子役の表情は本当にいいと思います。

主演の福山雅治さんが演じるエリートサラリーマンのONでもOFFでも自信にあふれた役柄も楽しめました。「勝ち続けた人生」を生きてきた人が初めてコントロールできない状況に陥る、でもその様も絵になるな~とみていました。

とこのように様々な点で楽しめるとてもいい作品だと思うのでぜひ見に行ってみてください、おすすめです。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うさみさん

Author:うさみさん
読書(漫画、雑学)、絵描き、散歩、食べ歩き、ケーキ、コーヒー好き

えーちゃん: 美術館(印象派)、読書(小説)、映画、散歩、ケーキ、紅茶好き

次の日ケロリ時計

ブログ内検索
ブログ記事写真
カテゴリー
最近のコメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

PR
リンク
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
最新記事
PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。